Home > つぶやきダイアリー Archive

つぶやきダイアリー Archive

三島由紀夫の映画を見ました

志村ショックの日。店を早く閉めて映画を見に行きました。「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」コロナのせいもあって観客は僕一人でした。

はじめに言っておくと、三島由紀夫の本を読んだのは2ヶ月ほど前です。学生の頃金閣寺を読んだ記憶はありますが、まったくおぼえていません。2ヶ月前に読んだのは「仮面の告白」です。買取先のお客さんから「もう何十回も読んだ」と聞いて、それを読むことにしました。

生っぽいというか、こんなことを書く三島由紀夫は気持ち悪いおじさんなのか?気になって、次にたまたま平安堂で見つけた「スポーツ論集」を読むことにしました。この「スポーツ論集」面白くて、読みながら笑ってしまう行もあり、この時点では三島由紀夫はボデービルを始めちゃう面白いおじさんのイメージです。それでも文章は、僕が言っても仕方ありませんが、やっぱり天才的だなと思いました。

ひとつ買うとその友達が集まってくる。そう聞いたことがありますが、目が勝手に見つけてしまうのか。これまた唐揚げを買いに行く途中、たまたま寄ったチャンネルブックスで、三島由紀夫写真集(文庫版)を見つけました。年表とともに写真が配され、三島由紀夫の生涯が見やすくまとめられていました。

映画にも出る、劇の演出もする、体を鍛える天才作家。ただもんじゃない三島由紀夫。45歳、市谷駐屯地で自害しますが、なんで死んじゃうんだろう、なんで死なないといけなかったのか不思議に思いました。

そのへん分かるかもしれないと思って観に行ったのが「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」です。

近代ゴリラと揶揄されながらステージに立つ三島由紀夫。言葉の殴り合いだ!とどこかで見て、ラップバトルばりのやり込めあいが始まるのか、何とも言えない緊張感が漂うなかマイクを握って話し出す三島由紀夫は、丁寧にわかりやすく声を荒げることなく言葉をかけていきます。動いてしゃべる三島由紀夫、その言葉の情熱みたいなものに引き込まれていきました。

全共闘一の論客芥正彦が赤ちゃんを肩に乗せてでてくるシーンは印象的です。二人の討論は面白いです。現在の芥正彦もインタヴューで出てきますが、いまでもそんな感じなんだ!という驚きがありました。あと余分ですが、小熊英二と瀬戸内寂聴は「?」という感じでした。

なんで自害に至ったのか、なんとなくそうなのかなというぐらいの想像しか今のところ出来ませんが、映画は面白かったし、動く三島を見れたのはとても良かったです。

自主規制と検閲

近所の公園の遊具が使用禁止になったのは、3年ぐらい前でした。

遊具に紐がまかれて使えないようになっていて、話によると耐用年数がすぎて危険性があるためということでした。

耐用年数?いや、まだ全然いけるでしょう。もっと古い遊具そこらへんにいっぱいあるよ・・・全然遊べるよ・・・

なにせいい年ですけど公園好きで、人目を気にしてから登り棒や滑り台やってたものですから、なんで?という気持ちでいっぱいでした。

自治体としては、新調するには予算がたりない。しかしこのまま紐でぐるぐる巻きにした状態も危険だということで、撤去ということになりました。

遊具がなくなって空き地みたいになった公園を見て、これはいったいなんなんだ・・となんともすっきりしない気持ちになったのを思い出しました。

自主規制の名のもとに

そういえば愛知トリエンナーレでも自主規制、話題になっていましたね。

7年間の営業期間、善白鉄道

善光寺白馬電鉄、昭和5年から7年間だけの営業だったんですね。

距離も7キロ余りだったそうで、走っていたことがすでに奇蹟みたいな鉄道です。温泉へ行くのに長野へ出かけるのにチョイノリ鉄道として当時は便利だったのかもしれません。

新幹線を先取りした鉄道と帯にありますから、存在感があったんだろうと思います。

短さゆえに輝きを放つ、そんな一面もあるとは思いますが、もう乗れないからこそ乗ってみたくなる。

ザ・ノスタルジー電車オブ長野 

「思い出で包む 善白鉄道」柏企画編

柏企画さんからは善白鉄道以外にも、篠ノ井線・河東線・別所線も。

鉄道電車関係の資料、グッズなどの買取しています。お気軽のご連絡ください。

くずし字

江戸時代の古い資料や古文書なんかに書かれた、ぐちゃぐちゃして繋がってる、どこで切ったらいいかわからないような文章。

あれがくずし字というやつで、この仕事をしていると少なからず目にするものですが、なかなか読めません。

ん?この偏なんだっけ、前にもあったのに。。。

なんだよこの候!とか

その繰り返しで一向に前へ進まなかったりするわけです。

そんな時にすがるのが辞書なんですが、いままで何冊か使ったなかで1番使い良かったのが

児玉幸多編「くずし字用例辞典」東京堂出版

いまや使ってるのはこの辞書だけです。これでわからなかったら、あきらめることにしています。

まぁあきらめることも相当ありますけど・・・

江戸時代の古い資料、古文書の類も買取していますので、捨てる前に1度ご連絡ください。よろしくお願いします。

ホンノカイトリ

仕事終わりに相談役へ相談してきました。

本の買取サイトを新しく作って、買取を増やしたいと思っていて・・・

掛軸とか版画とか・・・

えーもろもろ・・

尻すぼみになる想いを拾ってもらって、なんとかやることの方向性を着けてもらいました。

何事も続けるのが難しいわけですが、やる気にさせてもらった勢いでまず1ヶ月。

心のRIZAPみたいなものでしょうか。

リバウンドして1ヶ月後におんなじこと言ってないようにしたいものです。

左足首捻挫しました

ありがちですが、本を運んでいるときに転んで捻挫しました。

持ってた本もぶちまけて、履いていたつっかけも2メートルぐらい後ろに転がっていました。

痛みと恥ずかしさでしばらく突っ立って動けませんでした。

その時ぶちまけた本のなかに、繃帯式の下巻というのが入ってまして、明治の和本で包帯の巻き方が図入りで載ってます。

ちょうどいい!ということもなく、足首の処置法もなくて役に立たなかったんですが、

こういう落書きしちゃうよねー。と足を引きずりながら思いました。

江戸明治期の和本も買取していますので、捨てないで持ってきてください。

善光寺の絵葉書

信濃といえば善光寺。善光寺といえば信州。

長野の善光寺といえば、古くから多くの人が参拝に訪れる名刹です。

明治時代から、善光寺みやげとして無数の絵葉書が販売されたんだと思います。

超有名なお寺だけに、善光寺の絵葉書自体特に珍しいわけでもなく(なかには珍しいものもありますが)、「よくあるもの」という分類にだいたいなります。

風景カットもだいたい同じ場所ですし、売れる売れないでいえば売れない方の絵葉書かもしれません。

でもこうやって並べてみると、愛着?地元のなじみもありますし、善光寺は凄いお寺だ!という気持ちもやっぱりありますし、ありがたい気持ちにもなってきます。

新しい時代令和になっても、かわらず善光寺に参詣する方は多いです。いるいらないは置いといて、無理にでも買ってほしいです。気持ちとしては。善光寺の絵葉書を。

善光寺に限らず古い絵はがきパンフレット類の買取随時受け付けています。お気軽にご連絡ください!

Home > つぶやきダイアリー Archive

買います!!本も、本以外も!
026−235−0444
までお気軽にどうぞ。でれないときは折り返し電話いたします。(イイダ)

Return to page top